【エブリイワゴン DA64W】車中泊で気になる段差をなくしてフラットにする方法

エブリイワゴンで車中泊をしたいけど、フルフラットになるのかな?

以前エブリイワゴンで車中泊をしたときに段差が気になって眠れなかった…

車中泊をするとき、段差を感じるかどうかで寝心地は大きく変わるかと思います。
寝ること自体も翌日も楽しみたい車中泊だからこそ、ぐっすり眠れるようにしたいですよね。

この記事ではエブリイワゴンの段差を解消する方法(フルフラット化)について紹介していきます。

特殊な技術はいらず誰でも簡単にできるので、
エブリイワゴンで車中泊をしたいけど段差が気になってしまうという方はぜひ参考にしていただけたらと思います!

目次

用意するもの

発泡スチロールカッター
ロイヤルすのこ3枚
・マジックペン
・メジャー

段差解消には、ロイヤルすのこを使っていきます。

ロイヤルすのこを使うメリットは、なんといってもその軽さと手軽さです!
素材がpp発泡のため、軽くて持ち運びや設置に困りませんし、燃費にも影響しにくいです。

そしてこちら、2枚並べるとエブリイワゴンにぴったりフィットします。

本当にぴったりです!!

シンデレラフィットとはこのことか…!と夫婦二人で盛り上がってしまいました(笑)

 

ただこのままでは端までカバーすることができないので、こちらを発泡スチロールカッターで加工していきます。

こちらがホームセンターで購入したHAKKOの発泡スチロールカッター。
熱で溶かしながら切っていくタイプです。

1000円ほどで購入しました。
動かすには単2電池が2本必要になるので、併せてご用意ください!

段差解消の方法

必要なものをそろえたら、いよいよ段差解消用のマットを作っていきます。

今回解消したい段差は約5cmです。

この段差を解消していくため、ロイヤルすのこを敷いていきます。
ロイヤルすのこ自体の厚さは3.7cmで、5cmには足りません。ですが、上にマットを敷いてしまえば寝ても気になりません。

それでも気になる方は、厚さ1cm程度のお風呂マットがホームセンターで購入できるので敷いてもよいかと思います。

トランクルームの形を型どる

ロイヤルすのこをうまくトランクルームにはめていくため、トランクルームの形に沿って端を切り取っていきます。

ドア付近はこのように出っ張りがあるので、すのこの角を落とします。

まずは下の写真の斜線部分を発泡スチロールカッターで落とします。
左側の縦線と真ん中の縦線部分をつなぐように斜めに切り取ると綺麗にはまります。

切り出した様子がこんな感じ。ぴったりとはまります!

横から見るとこんな感じです。斜めに切り出すことで、ずれにくくなりました。

2枚のすのこの角を切り出し、はめてみた様子がこちら。

トランクルームにぴったりはまりました。
次はまだ埋められていない後部座席との隙間も埋めていきます。

後部座席側のすのこを切り出す

倒した座席から先程はめ込んだすのこまでの、30cmほどの空間にはめるパーツを切り出します。

こちらは余ったもう1枚のロイヤルすのこから長方形の形を2つ切り出したらきれいにはまります。
切り出した4枚をはめた様子がこちら。すっぽりはまります!

これで完成です。1cm程度の段差は残ってしまうものの、車中泊をするときはこの上にマットを敷いてしまうため、寝るときは全然気になりません。

使用しているマットはこちらから。

使わないときは、家の空いている隙間に立てかけておけるので収納も簡単です!

まとめ

以上がロイヤルすのこで段差を解消する方法でした。

今回発泡スチロールカッターを使いましたが、集中しないと切り取り線が曲がってしまいました。
多少の揺れでも曲がることがあるので、まずすのこを固定してから切り出すようにしてみて下さい。

また、あまり力を入れるとカッターの線が切れてしまうので、自然に進んでいく程度の力でゆっくり切り進めていくのがおすすめです。

ワイズ
¥2,500 (2024/06/21 16:35時点 | Amazon調べ)
白光(HAKKO)
¥2,755 (2024/06/23 17:47時点 | Amazon調べ)

車中泊をする予定の方は、目隠しも重要になってくるかと思います。

こちらの記事ではエブリイワゴンにカーテンを取り付ける方法を紹介しているので、併せて参考にしてみてください!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

アウトドア好きな1児の母。毎日手探りしながら子育てライフを満喫中。将来子供と一緒にアウトドアに生活できることを夢見てます。

コメント

コメント一覧 (5件)

目次